事例紹介

底地・借地 の事例紹介

駅近…なのに活用できない200坪の土地

ご自身も底地を相続された際に相続に困った経験から、次の世代には同じ思いをさせたくないとお考えになったD様。底地の整理に向け、ご自身で複数の借地人と交渉を始められていました。しかし、いつ終わるともしれない借地人一人一人との交渉にお悩みになって当社にご相談にお見えになりました。

問題所有していても活用できない借地権付きの土地を何とかしたい
解決借地権の買取と等価交換で活用できる土地に!

総合問い合わせ

底地と借地の複雑な権利関係

当社からは貸地①②の借地権を持つ複数の借地人様に権利の買取をご提案。また最も借地をお持ちの借地人様には貸地③の借地権と貸地④の底地を一定割合で交換する等価交換と、貸地⑤の売却をご提案させていただきました。
これによりD様は相続負担の思い底地の問題を解決し、有効活用できる完全な所有権の土地を取得されました。

買取と等価交換による解決!

現在D様はこの土地に賃貸住宅を建築。懸案だった相続対策も貸家建付地評価となることで節税につながり、貸地にしておくよりも高い利回りで順調な賃貸経営を続けられています。

※プライバシー保護のために一部情報は変更して記載しております。掲載された各種の施策は対策当時の法令・税制等により行っています。

コンテンツ

Pagetop