事例紹介

相続対策 の事例紹介

仲が良い兄弟だから大丈夫!と思っていたら

Aさん一家はAさんと息子さん2人の三人家族。
Aさんは自宅と賃貸用のアパートを不動産として所有しています。自宅は立地もよく、資産価値の高い優良不動産ですが、アパートは築40年が過ぎ、老朽化が進み、また空き室も多く、家賃の滞納まである始末。
今後、自分がいなくなった時の事を考え、息子さんたちに譲ることを計画しておられていたのですが、2人からは"アパートは引き継ぎたくない、引き継ぐなら自宅を"と言われ、何やら険悪な雰囲気が。
このままでは相続はもちろんのこと、兄弟間に亀裂が入ってしまう、何か良い方法は無いかとご相談に来られました。

総合問い合わせ

息子さんは2人ともアパートは引き継ぎたくないと言うが・・・

もし二人ともアパートを引き継がなかった場合、日々のメンテナンス代は誰が払うのでしょうか?また、どちらかが引き継いだとしても、入居率が悪い状態では毎年発生する固定資産税を払うことが困難である事は目に見えています。

遺産分割協議が進まないと面倒なことが・・・

息子さん達がどちらも自宅を相続することを主張して、遺産分割協議がまとまらなかった場合、相続税の軽減特例が使えなくなります。相続税は現金一括納付が原則である為、高額であった場合、資金の工面が出来なくなる可能性が出てきます。
また一般的に、遺産分割協議がまとまらないとAさんの金融機関の口座から預金の引き落としが困難になります。

所有不動産を見直し、納得の行く相続を

そこで私たちがご提案したのは、老朽化したアパートを建替えて収益性の高い不動産として再利用する事。
これにより資産価値の高い自宅を長男に、収益性の高いアパートを次男に、それぞれ引き継ぐことで、皆が納得の行く相続対策を立てられました。

普段いくら仲が良くても、相続の際には少なからず何かしらの問題は起こるもの。Aさんのように健康なうちから対策を練ることが、将来の相続の安定基盤となります。

コンテンツ

Pagetop