新着情報

  • TOP
  • 新着情報
  • 事例紹介

相続まで時間がない!対策を急がれる相続人に当社からご提案させていただいたのは…

2016/10/02
相続まで時間がない!対策を急がれる相続人に当社からご提案させていただいたのは…
85歳を超えるI様のお父様。お母様は数年前に他界されていて、相続人はI様お一人。そのままでは多額の相続税がかかってしまうことから、ご所有の土地に賃貸マンションを建てて相続対策を進めていらっしゃいました。

ところがお父様が体調を崩されて、建築工事にかかる時間を考えると対策が間に合わない可能性が出てきました。当社にご相談に見えたI様にご提案させていただいた対策です。

詳細情報はこちら

ご所有物件の老朽化で入居率が悪化!収支に悩むオーナー様に当社からご提案させていただいたのは…

2016/09/09
ご所有物件の老朽化で入居率が悪化!収支に悩むオーナー様に当社からご提案させていただいたのは…
ご所有物件の老朽化による入居率と収支の悪化にお悩みだったK様。
退去があるたびに設備を交換されたり、リフォームを実施されていましたが築年数が
たつにつれ、せっかくご案内してもご入居が決まらないことが増えていました。

詳細情報はこちら

駅近…なのに活用できない200坪の土地、等価交換による権利関係の調整

2016/09/01
駅近…なのに活用できない200坪の土地、等価交換による権利関係の調整
駅徒歩圏に約200坪の土地をご所有されていたD様。ただし、この土地は複数の借地権により分断され、ご自身が使用可能な土地は限られていました。

詳細はこちら

手間がかかる土地権利の調整、借地権の整理に悩む底地権者に当社からご提案させていただいたのは…

2016/09/01
手間がかかる土地権利の調整、借地権の整理に悩む底地権者に当社からご提案させていただいたのは…
今から30年も前の話。
今もわたしたちとお付き合いさせていただいているK様は、先代から借地を相続されたものの、そこに建っていたのは老朽化して費用ばかりかかって収益のあがらないアパートでした。
借地上の建物は建て替えるにも貸主の承諾が必要となり、承諾料(一般的に更地価格の2~3%)がかかってしまいます。K様はこの借地の問題を解決するためにご相談にお見えになりました。

詳細はこちら
Pagetop