空室対策

空室対策=家賃を下げるだけ・設備交換だけではありません。状況を勘案し、満室のための指針を見つける。空室をコンサルティングすることこそ、私たちの仕事です。

ここまでやる! アービックグループの空室対策

1オーナー様との密なコンタクトを図ります

管理オーナー様には専属スタッフが付き、空室対策や賃貸経営をサポートします。
また、アービックグループの『アパマンショップ』は地域の相談窓口でもあります。
オーナー様もどうぞお気軽にお越しください。

2周辺の相場を調べ、物件の競争力を高める

「空室なら賃料を下げてでも入居してほしい」「でも本当は、今の賃料で入居してほしい」
この葛藤の道標となるのが、相場調査。そして空室の場合・賃料を下げた場合の収支を検証します。
オーナー様を迷わせないよう、タイミングを見極めます。

3退去後から、募集までの時間を短くする

一刻も早く募集を開始するためには、工事に時間を割いてはいられません。
入居者様の退去申し入れがあってからすぐに、原状回復のご相談にお伺いします。
工事は退去立会直後から開始することで、募集までの期間を短縮します。

4リノベーションは最適なタイミングで

退去時は、物件に手を入れるタイミング。
設備が古かったり、長期入居など使用感が強い場合には、リフォームすべきか見極めます。
原状回復の費用プラスαで行うこともできる『リノッタ』は、
そのデザイン性から、工事中でも申し込みが入るほど。
これまで約150部屋を施工し、高い入居率で効果が証明され続けています。

リノッタ工事前
リノッタ工事前
リノッタ工事中
リノッタ工事中
リノッタ工事後
リノッタ工事後

リノッタについて

既築物件でも1戸からアルソックホームセキュリティの導入が可能に

ステッカー
玄関のステッカーで
抑制力を高めます
コントローラー
速やかに取り付けが
可能なコントローラー
玄関開閉センサー
玄関開閉センサーが
不法侵入を検知

たとえば、大学に近い場所。「人通りが少ない、街灯も少ない」ということがよくあります。
初めて一人暮らしをする方や女性の方など、安全性を重視される学生さんはたくさんいらっしゃいます。
アルソックの「ホームセキュリティ賃貸」は、安心を提供する発想。
エリアの需要を見極め、低予算でできる対策をご提案いたします。

工事部門との連携でリフォームも円滑に

リフォーム
リフォーム
リフォーム

中規模のリフォームや、経年劣化が激しい場合の内装リフォームなどは、
工事部と連携し、円滑に工事を進めていきます。
1級建築士や1級施工建築士などの有資格者が責任を持って対応します。

地域の仲介業者様にも依頼して、物件の注目度UP

物件の注目度UP
物件の注目度UP
物件の注目度UP

アービックグループのアパマンショップ各店のみならず、
地域の仲介業者様にも広く仲介斡旋を依頼します。
オリジナルデザインの案内図面を制作し、物件への注目度を高めます。

今後の賃貸経営資産運用のことまで
老朽化のように建物全体に手を入れる必要があるときや、
空室が発生した際のリスク回避の方法など、
安定した賃貸経営のために、より一歩踏み込んでご提案いたします。

まずは、お気軽にお問合せください。

047-326-2222

9:00~18:00(水曜定休)

メールでのお問合せはこちらから

株式会社アービック 管理部

総合問い合わせ

コンテンツ

Pagetop